港区・表参道・青山で本格レッスンが受けられるゴルフスクール RESTORE golf & self リストア ゴルフ

RESTORE golf & self

News RESTORE golf&selfのブログ

トップページ > ブログ記事一覧 > ゴルフ上達(第168回)

Instructor RESTORE golf&selfのブログ記事一覧RESTORE golf & selfのブログ記事一覧

ブログカレンダー

10月 2018年11月 12月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

ゴルフ上達(第168回)

ゴルフ上達(第168回)

「ゴルフによくある勘違い」
 
第26回はロングパットの打ち方についてです。
 
「パッティングは手首を固めて肩でストロークする」
 
そう決めこんでいる方多いですよね。
 
じゃあ超ロングパットはどうしますか?
 
大きく動かしますか?肩を?上半身を?
 
結果届かない、打っても打っても届かない。そんな生徒を見かけます。
 
距離感を出すのに大切な条件の中に「芯」で打つ、というのがあります。
 
大きく動き過ぎることで芯を外しては意味がありません。
 
届かなそうな時は「リストを使って」もいいんです。
 
その方が動きが小さい分、芯にも当たるし、スナップ要素が入る分距離も出ます。
 
「方向が悪くなってしまうのでは……」という方がいますが、ロングパットは方向よりも距離感。
 
また方向はインパクトの時のフェースの向きですから、小さい動きの方がフェースは戻しやすいはずです。
 
練習グリーンで試してみて下さい。
 
 
堀野晃二

ページトップへ

(c) RESTORE golf & self ALL RIGHTS RESERVED