港区・表参道・青山で本格レッスンが受けられるゴルフスクール RESTORE golf & self リストア ゴルフ

RESTORE golf & self

News RESTORE golf&selfのブログ

トップページ > ブログ記事一覧 > ゴルフ上達(第118回)

Instructor RESTORE golf&selfのブログ記事一覧RESTORE golf & selfのブログ記事一覧

ブログカレンダー

10月 2018年11月 12月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

ゴルフ上達(第118回)

ゴルフ上達(第118回)

前回の続きです。
 
例えば「字を書いて下さい」という質問をします。あなたは「?」となりながらも何かを書いたとします。
 
「何を書きました?」「あ、という字を書きました」「私はカタカナのアを書きました」
 
「では、カタカナのアを書いて下さい」「どのくらいの大きさで書きました?」
 
「5cm角の大きさで書きました」「いえ、私は10cm角のアを書きました」
 
「では、10cm角のアを書いて下さい」「何色で書きました?」
 
「黒で書きました」「いえ、私は白で書きました」
 
「では、カタカナのアを10cm角で白で書いて下さい」って言ったら、間違える人はまずいないでしょう。
 
このように「字を書いて下さい」というのは「ちゃんと打つ」というのと同じで、実は凄くアバウトなことなのです。
 
「どんなボールをどんな風な感じで飛ばしたくて、どのように当てたいのか」
 
そこまで考えて初めて、じゃあ「こんな風な素振りをして……」となっていくのです。
 
以前にも話したように、これは出来る出来ないという結果は関係ありません。
 
「イメージ」しないことには、脳から何も指令が送られず、体はどのように動けばいいのかわからず動いてしまって、結果思いもしないボールが出るのです。
 
これは基本になる考え方です。
 
 
堀野晃二

ページトップへ

(c) RESTORE golf & self ALL RIGHTS RESERVED