港区・表参道・青山で本格レッスンが受けられるゴルフスクール RESTORE golf & self リストア ゴルフ

RESTORE golf & self

News RESTORE golf&selfのブログ

トップページ > ブログ記事一覧 > ゴルフ上達(第149回)

Instructor RESTORE golf&selfのブログ記事一覧RESTORE golf & selfのブログ記事一覧

ブログカレンダー

10月 2018年11月 12月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

ゴルフ上達(第149回)

ゴルフ上達(第149回)
「ゴルフによくある勘違い」
 
第7回はグリップの中です。
 
「左手の小指はシッカリと握り……」よく聞きます。
 
確かに左手の下3本は凄く大切ですが、「シッカリ」握ってはヘッドは走りません。
 
スイング中ヘッドとグリップエンドは常に逆に動いているべきです。
 
イメージは剣道の「メーン!」ですかね^^;先端を落とす時、手元は逆に動くくらい余裕がないとスピードは出ません。

20150728_114457.jpg
 
写真のように切り返しで手首にタメが出来るのも、ヘッドがまだ進行し続けようとする時に、手元が引き戻されるのでたわんでしまうのです。

20150728_111418.jpg
 
そして写真上のようにタメが「出来てしまう」のです。
 
小指があまりにも強く握られていたら、写真下のようになってしまう可能性もあります。
 
勿論インパクトゾーンでは走らないこと間違えなしです!
 
グリップは緩まない程度に密着し、手の中で動きを感じられるくらいがいいでしょう。
 
力加減もクラブが飛んでいかないギリギリがクラブの遠心力を邪魔しなくていいのです。
 
人間には(飛んでいってしまうという)危機を感じた時には、必要な分だけ力が入るようになっているのです。
 
 
堀野晃二

ページトップへ

(c) RESTORE golf & self ALL RIGHTS RESERVED